Dober dan!

スロベニアのリュブリャナにトビタテ留学中のまなです。

 

前回の記事からだいぶ経ってしまいました。

留学も残すところあと少しとなり、寂しいやら嬉しいやら、感情が行ったり来たりしている毎日を送っています。

 

 

最近は暖かい季節も終わりに近づき、暑いと感じることも多くなってきているリュブリャナです。

さて今回は、私が日本でも是非行いたいと思っているプログラム、「World in Classroom(WIC)」について紹介していきます。

 

World in Classroom(WIC)とは

スロベニアの教育政府機関・CMEPIUSによるプログラム。

CMEPIUSは、日本で言うところの文部科学省のような機関です。

 

このプロジェクトは簡単にまとめると、

『スロベニアの小中学校などの教育機関に興味がある学生と子ども達に世界を広く知ってほしいと思っている先生とを繋いで、学校でインターナショナルな体験を子ども達にさせよう』

というものです。

 

オンライン上で簡単にアプライでき、承認されるといくつかの学校の連絡先がメールで送られてきます。

あとは、受け入れ先の先生と個人的に連絡を取り合い、学校を訪問して、留学生の自国について紹介します。

 

私は、宮崎県出身なので、ここぞとばかりにマンゴーの値段がいかに高いかを紹介してきました笑

もちろん他にも、人口などの基本情報やスロベニアでも人気のある日本車について、折り紙の折り方などを紹介しています。

折り紙は学校でも人気があって、折り紙の本を持っている子も時々見かけます。

 

プレゼンの中でも一番人気なのは、名前を日本語で書いてあげることです。

子ども達だけでなく、先生も興味津々!

文化を肌で感じられる瞬間ですよね。

生徒の名前を日本語で書いた様子

みんな写真を撮ったり書き写したり、興味津々でした!

 

これまでに6校の小学校を訪問しましたが、どこに行ってもウェルカム!

子ども達も、特別ゲストだと喜んでくれている様子を見ると、行って良かったといつも思います。

そんな素敵なプロジェクトをもっと知りたいという方はこちらから

▷▷▷  World in Classroom(WIC)

 

このプロジェクトを少しずつ、日本に広めていければいいな、と思っています。

次回のブログもお楽しみに〜

 

Hvala, adijo!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ヨーロッパ

ドイツ研究留学を終えて〜留学直後の就職活動〜

トビタテ7期(理系、複合・融合系人材コース)のゆうやです。 ブログリレ 続きを読む …

ヨーロッパ

留学準備と留学中のオトクな生活のコツ

こんにちは! ロンドンでジェンダー・LGBTをテーマに留学しているかさ 続きを読む …

ヨーロッパ

フランスのレストラン事情

  こんにちは!味覚教育×有機農業をテーマにフランスに留学中 続きを読む …