こんにちは。ミャンマー留学中のゆきこです。

 

ミャンマーの服について今回書いてみようと思います。

 

民族衣装のロンジーは、男物はパソー、女物はタメインと呼び分けています。両方とも一枚の布を輪にしたものです。男性は身体の前に布を持ってくるようにして、まとめておさえて、女性は左右好きな方に一度挟み込んで、残りの布を反対側に突っ込みます。やはり洋服が入ってきて、以前に比べて、洋服を着ている人が増えたのも確かですが、まだまだロンジーは身近なものです。

大学でも女子はロンジーで登校することが決まっています。高校生は男女とも上着が白、下が緑のロンジーですが、大学生は好きなロンジーを履くことができます。

以前、大学を訪れたときは、上着は伝統的なものを着ている人が多かったのですが、洋服の方がより動きやすいという理由等で民族衣装と洋服を合わせている人もいます。私も、最近洋服を合わせるようになったのですが、案外違和感なく合わせることができます。

一応、上着を合わせるとき、(これは友達も先生も生地・服売り場のお姉さんも言うことなのですが、)ロンジーに使われている色のどれかの色の上着を合わせれば問題ありません。

日本では見ない補色の組み合わせでコーディネートしている人もいます。

 

あと、前回訪れたときはあまり目に入らなかったのですが、カップルコーデが流行っているようです。このロンジーの生地は男物なのですが、それを女性は女性の着方で履いています。彼氏いない子も男物の生地で作った上下セットを持っていたので、男物の生地を使うのが最近の流行りなのかもしれません。

 

上のロンジーの着方を読んで、えっ、落ちないの?と思った方もいるでしょう。ええ、落ちます。ミャンマー人も道端ですすっと巻き直しています。伝統的な方は、汚れたら、その箇所を隠して着たり、痩せても太っても問題なかったりと利点もあるのですが、落ちないか気にかけるのは大変なので、紐付き、ホック、ジッパー、ゴム紐などいろいろなものがあります。

 

 

この前、初めてジッパーのロンジーを仕立ててもらったので、次回の記事で書こうと思います。

それでは。

 

カテゴリー: アジア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

アジア

ダナン開拓の日々、私はこうして強くなれた。

  こんにちは。ベトナムダナンにて教育系のインターンシップを 続きを読む …

アジア

オーダーメイドの服×ミャンマー

こんにちは。 ミャンマー留学中のゆきこです。   最近、ミャ 続きを読む …

アジア

バッチャン焼きでコーヒーはいかが。

こんにちは! ベトナムダナンで教育系のインターンをしているナホです。 続きを読む …