7期多様性人材コースのあーりです

カンザス州ウィチタに留学しています

テーマは「障害者のきょうだい支援」!

 

渡航前は意気揚々とGoogleマップを広げ、ストリートマップも眺めて人生初アメリカでの生活の想像に浸っていた私

 

定期的に通う実践活動先への行き方もバッチリ調べあげていました

 

そこは大学から車で15分ほどの場所

 

しかし、交換留学なので日本の大学から自動車の運転は禁止されています

そもそも免許さえ持っていませんが

 

公共バスは$1.75

良心的な価格ですが時間は車の3倍かかるうえ、夕方までしか走っていません

 

一方でUberは$17ほどと少々お高い

田舎なので数が少なく、常に「高い人気」と表示されています

 

行きはバスで、夜はUberで帰ろう

 

脳内シミュレーションは完璧でした

 

しかし、現地に到着してから初日のオリエンテーションで、生活上の注意のなか念を押されました

 

「バスには極力乗らないようにしてね。バスに乗る人っていうのは車を買うお金がない人か、運転免許を剥奪された人が多いので雰囲気がよろしくないよ」

 

どうやら現地の人もほとんど乗らない、というか避けているようです

 

車社会のアメリカ

 

道路がツルッツルに滑るなか、車通学です

路面凍結のせいで休講になったこともあります

冬のある日の芝生

 

歩道が突然途切れたり

歩行者信号が変わるのに永遠とかかったりすることは日常茶飯事

バスを降りても、もちろん歩行者なんていません

 

まあ、ごちゃごちゃ考えずに一回乗ってみようかということで友人を誘いました

 

雰囲気は日本のバスとも、ロサンゼルスやニューヨークとも少し違う

 

言い表しづらいが、あまり良い雰囲気ではないです

 

結局、実践活動先へは日照時間が長くなってから行くことにしました

 

日本で暮らす感覚で計画を立ててしまったことが失敗の種です

 

Googleマップだけで調べるのではなく、現地の人にも聞いてみるほうが確実だと思います

 

計画を立てる際に参考になれば嬉しいです!

 

おわり。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

北アメリカ

シアトルでみたサステナブルな4つの取り組み

こんにちは!   トビタテ7期生として、2017年秋に アメ 続きを読む …

北アメリカ

アメリカでの7ヶ月を終えて〜ホームステイと出会った人々〜

こんにちは!   トビタテ6期でアメリカカンザス州に留学して 続きを読む …

北アメリカ

アメリカ留学から見えてきた日本の医療観&宗教観

こんにちは。   トビタテ6期の東北大学医学部医学科新4年の 続きを読む …