今回のテーマは、トビタテ7期の中でも恐らく最も渡航の遅い私(留学計画書を提出して既に1年が経過しています)が渡航前までに行った準備についてです。渡航までの期間に何を準備しようか迷っている方のお役に立てると幸いです。新興国女子の留学裏話➀の内容は少し過激になってしまい、自分でも本当に恥ずかしいので若気の至りとして解釈頂けると幸いです。

【基本編】
➀英語の勉強
私の場合は半年前にTOEIC840点取得しましたが、残念ながら海外にいる時しか実は英語話せません笑 こつこつやっても日本で会話力を身につける事は難しいと判断しました。そのため、フィリピンの語学学校で2ヶ月英語を勉強した後、インターンに立ち向かうプランで進んでいます。注意したいのは、途上国ではTOEIC等の資格試験がマイナーで本屋にテキストがあまり販売されていないという事です。私はブックオフオンラインで1冊150~300円のビジネス英語教材をひたすら買い漁っているので家に対策本が100冊くらいあります笑(棚2つ分) 一度に語学学校に持って行くのは不可能なので、郵送を繰り返しつつ勉強します。。。

②ロールモデルを見つける
Facebookでの投稿や先輩方に直接「フィリピンでBoPビジネスします!事業計画は渡航中に現地の現状を踏まえて考えたいのでまだ明確ではないですが、将来起業したいです」とは繰り返し発信するようにしていました。その結果、フィリピンへの渡航経験者や社会起業家の方をたくさん紹介頂き、アドバイスを踏まえて、帰国後と留学中の達成目標がだいぶ明確化させる事ができました!皆さんお忙しい中、本当にありがとうございます。また、1日にSNSで2投稿以上はする自分流ノルマがあり、発信の質については課題です。また、自分のロールモデルを見つけるため、社会起業家の方の本は最近週2冊ほど読んでいます。自分の計画を夢物語ではなく、現実の行動ベースで考えるために私はロールモデルを見つける事は重要だと考えています。

③途上国でも働ける体力を身につける
私は、大学1年生からインターンとして企業で働く経験を積ませて頂き、そこで仕事をする上でいかに体力が必要なのか痛感しました。休暇中は週6終日で、大学ある日は週4で終日で働き、25単位近く履修してGPA3.5以上に保つのはかなり苦労しました。留学して途上国で働くのであれば日本以上に、体力はかなり重要でしょ!と感じ、急にフルマラソン始めました笑 最近は30~40km走っていますが、走ることの苦労よりも花粉症の方が3倍くらい辛いです・・・。くしゃみと涙のせいで集中できません泣 話はだいぶ逸れましたが、高校~大学まで運動部に所属していなかった私でも、大会の2~3週間ほど前から練習を始めてある程度サマにはなっているので、体力ないな~と感じている方は是非運動初めてみて下さい!とりあえず、今週のフルマラソン頑張ります~!

とういうことで、基本編は終了。
留学中にも自分の経験をブログにまとめて、これから学生生活を充実させたい方に少しでも参考にして頂けたらと思っています。Noteでも稚拙ながら発信していくので、引き続き読んで頂けると幸いです。長文にもかかわらず、最後まで読んで頂きありがとうございます。
どすこい女子のブログ→https://note.mu/lisakawaguchi

カテゴリー: アジア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

アジア

ダナン開拓の日々、私はこうして強くなれた。

  こんにちは。ベトナムダナンにて教育系のインターンシップを 続きを読む …

アジア

オーダーメイドの服×ミャンマー

こんにちは。 ミャンマー留学中のゆきこです。   最近、ミャ 続きを読む …

アジア

バッチャン焼きでコーヒーはいかが。

こんにちは! ベトナムダナンで教育系のインターンをしているナホです。 続きを読む …