お久しぶりです!過去に一度ここに記事を投稿させていただいた、高橋です!

改めまして自己紹介をすると、、

岡山地域人材コース トビタテ7期で理科教育についてイギリス・フィンランドに留学しております。

早いものでイギリスに来てもうはや5カ月。

今回はイギリスのことではなく、

トビタテに何故合格したのか?

にフォーカスしてみようと思います。

何故ならもうすぐ次のトビタテ生の選考が始まるからです。

 

私がトビタテについて本気に考え始めたのは去年の2月です。

この時私の大学でトビタテの説明会がありました。

私は当時大学4年生であったため、トビタテの説明会に出ながら就活・インターンを行っていました。

正直受かるとも思っていなかったし、留学のことも真剣には考えていませんでした。

ただ留学は昔からの夢で、どうしても諦めきれなかったため駄目元でトビタテを受けようと思いました。

 

これが当時のスケジュール帳

2017 2月   トビタテ説明会 ☞ 3月下旬 書類締め切り ☞ 5月  2次面接

 

そこでまず私の学校では過去のトビタテ生の方の応募書類を見ることができるため、見てみる所から始めました。

するとそこで私の大学の国際課の方に相談をしていたら、

○○教授に相談してみたらどうかな?と言われ、まずその教授の方に就活先からメールで連絡していました。

(当時のメールを今、確認してみた)

そこから自分で考えた留学計画について添削してもらっていました。

もともと海外の教育を見てみたいと思っていたおり、さらに

実はトビタテとは別のone projectという留学支援団体の選考も私は受けていました。
なので留学計画についてはなんとなく自分の中で出来上がっていました。

ただ私がトビタテで応募しようとしたのは全国コースではなく、

岡山県の地域人材コース。

これは全国とは違って、留学することで岡山県に何を私がもたらすことができるかということが問われます。

そのため何が私に 「岡山県」 に対してできるか ということを考えなければなりません。

当時指摘された内容はこちら☟

岡山の企業が支援したいと思う内容か?今一度よく考えてみてください。
高橋さんはベンチャー企業の社長,岡山の企業の方々はベンチャー企業に投資しようか迷っている投資家と考えてみてください。
民間企業(出資者)は,直接的に岡山の産業経済を元気にしてくれる学生を求めています。
メリットがあるかはっきりしない計画には,出資者は投資しません。

 

そこから何度か訂正をしましたが、就活もしていて直接会って修正をすることがかなり困難な状況でした。

またトビタテは受け入れ先について第一次の書類審査の際に記述しなければなりません。

これが後々にかなり重要になってきます。

 

正直私の留学計画は提出ぎりぎりまで粘った、ギリギリのできでした。

それでも審査に通った理由としては「受け入れ先」の実現可能性だと思っています。

私の場合恵まれたことが2点ありました。

1 学校の提携校にイギリスがあり、まだ応募に間に合ったこと。

2 教授の紹介でイギリスの学校見学することができる学校が確保できたこと。

 

私は幸い学校の提携先にイギリスの大学があり、

そこの語学学校になんとか自分の英語のスコアで入ることができる状態でした。

しかも、まだ応募することが可能でした。

普通の交換留学なら1年前に応募をしておかなければならなかったのですが、

語学学校についてはまだ間に合ったのです。

 

他にも恵まれた点が添削して下さった先生が、かなり的確な添削をしてくださったことです。

これは後の2次の面接の時もそうなのですが、プレゼンもかなりこの先生のおかげでよいプレゼンを作成することができました。

私が尊敬している先生に言われたことがあります。

「お前は、人を頼るのが上手い。」

正直あんまり良い褒め言葉ではないとは思うのですが、

先生は、それも一種の才能だとおっしゃって下さいました。

確かに今まで私は頼れる人を見極めて、自分から様々なことをお願いしてきました。

この人なら的確なアドバイスをしてくれそう。とか

この人なら色々情報を知ってそう。だとか。

そういう周りの力があったからこそトビタテに合格することができたと思います。

 

ただ、そんな中で自分の力でしたことを挙げてみたいと思います。

1 自分の留学計画とイギリスの関連付けをしたこと

  論理的な解答にするために様々なリサーチやデータを探しました。
  イギリスの理科教育がどうなのか。そして日本の教育、特に岡山にはどんな問題があるのか。
  それを解決するために何ができるか。

 

2 添削してもらえる方を探し、お願いをしに行ったこと。

  自分から連絡をして、何度も添削してもらえるようにメールを送ったこと。
  正直応募書類を作成する時は、取り組んだ日数としたは短いですが、
  取り組んでいる際は寝ずにやっていることが多かったです。

 

3 2次のプレゼン・質問内容等を何度も熟考したこと。

 これも日数は少ないですが、提出2日前は全く寝てませんwww
 地域人材コースはパワポを使用してプレゼンをします。
   私のプレゼンはこんな感じ☟(軽くこんな感じか~って思っていただけたらよき!)

 そのため簡潔に論理的に見やすくすることをかなり意識して作りました。
 最初の頃は字が小さい・情報が多いと何度も言われました。
 こんなに真剣にプレゼンを作成したことはなかったと思います。
 いかに少ない文章でインパクトを与えて意味のある内容にする かがとても難しかったです。

 

ただおかげ様で、今までプレゼンした中で初めて緊張することのないプレゼンになりました。

言うことが覚えられないなって思っている内は足りないと思った方がいいと思います。

時間内に終わることができるかどうか不安という思いしかなかったです。

ここまでやり込めるまでできたからこその 合格 だったのかも知れないと今になって思います。

 

そもそも合格できるとは全く思っていませんでした。

就活・教採・研究との両立

親や友達には一切相談せずに勝手に行っていましたので、

IELTSのテストを受ける際には親には就活の面接に行っていることになっていましたし、

正直受からなければ時間の無駄だったのではないかと思う人の方が多いと思います。

ただ、私はこの選考を受けている時に多大な時間を費やしたかも知れないけど、

この経験は自分の今後に繋がるなと確信していたので

合格しなくても、いいやっと思っていました。

それくらいの気持ちでやったのが返って良かったのかなと思います。

その後も合格発表が出るまでずっと就活をしながら、教採の勉強をしていました。

 

実際に合格の通知を頂いてから、当時の面接の方に言われたのは

「プレゼンめちゃくちゃ見やすかったよ!」

と言われました。うん。みんな字は大きく書きましょう。ww

あとは気が向いた時に英語の勉強がてらTEDを見て、いいなっと思うスライドの真似をしたりしました。

 

私から次のトビタテ生に言えることは、

1 まず、留学計画はきちんと何年か前から練りましょうww

2 ただ私の様な短期間でもやる気さえあればできるということ。

 私はトビタテに応募すると思い立って3カ月でなんとかしました。
 2017年の1月に思い立ってから、9カ月で現在の留学が始まっています。

3 添削してもらえる方を探すこと

4 受け入れ先の確保を優先すること

5 論理的な留学計画を作成すること

6 不安を感じないくらい練習すること

7 最後は落ちてもいいやって思うくらいになること

 

私は全国コースではないので、なかなか参考になることは少ないと思いますが、

何か相談したいことがあれば、いつでもお待ちしております!

今まで、沢山の先生、過去のトビタテ生の方に手伝ってもらいましたので、

今度は私が返す番だと思っています。何か困ったらいつでもどうぞ~

 

これは、私が個人的に書いているブログになりますが、

chann旅log

ここからコンタクトを取っていただいても、この記事にコメントを下さっても大丈夫です~

応募している時には考えられなかったことが今、私には起こっています。

決して楽しいだけの留学ではないかも知れないけど、

私はトビタテを受けて、そして受かったと思います。

読んでるあなたもトビタテ生になって会えることを楽しみにしています!

トビタテに受かってなかったら、留学していなかったら一生会うことがなかった仲間が沢山できました。

  迷っているなら行動しよう!

 


2件のコメント

清水 友貴 · 2018年2月21日 6:09 PM

トビタテに応募している最中の清水と申します。

chan様のブログをみて、トビタテのことがとてもわかりました。

おねがいがあるのですが、トビタテの書類を添削していただけないでしょうか?

    全体管理者 · 2018年2月21日 9:34 PM

    こんにちは!コメントありがとうございます。全体管理をしています山口と申します。
    こちらより清水さんのコメントをchanさんに伝えさせていただき、添削依頼してみますね。
    前向きな返事がもらえたら直接ご連絡差し上げます。宜しくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

トビタテ!合格のコツ~経験者は語る~

【めっちゃ詳細】私のトビタテ二次試験の全て!!

はじめまして! 現在ホームレス支援についてのフィールドワークのためにア 続きを読む …

トビタテ!合格のコツ~経験者は語る~

トビタテ!合格へのコツ

こんにちは!トビタテ留学JAPAN!日本代表プログラム6期生として,ア 続きを読む …

トビタテ!合格のコツ~経験者は語る~

トビタテ!合格のコツ 

みなさんこんにちは!現在トビタテ留学JAPAN!日本代表プログラムの7 続きを読む …