こんにちは!
フィリピン・マニラで活動しています、にきです。

私は今、フィリピンの貧困層の子供たちを保護しているフランスのNGOでインターンをしています。
フランスとフィリピンの文化は様々な点で正反対なものが多く、
狭間に立つ日本人の私はその違いに翻弄される日々です。
そこで今回のブログでは、ここまでに見たフィリピン人とフランス人の文化を勝手に比較したいと思います(笑)

 

①時間感覚
日本にいると、1週間先の予定が共有されていることは当たり前に感じます。
それはフランスでも同じらしく、たとえばミーティングの時間も場所も事前に決まり、じゃあよろしく、という感じで日本と変わりません。

ところがこれが普通だと思ってフィリピンの方と接すると大変です。
前日に急に予定が決まり、当日のその時間になってやっぱやめよう、ということもあります。知らないところで新たに予定が組まれていたりもします。

これだけ1つの団体の中で時間の感覚が違うと、お互いに擦り合わせるのも一苦労です。1時間くらいの誤差は大目に見て、穏やかな時間の流れの中でみんな仕事をしています(笑)

 

②意見の述べ方
これは日本とフィリピンは似ているなぁと感じるのですが、フィリピンの人は直接意見をはっきりいうことはあまりなさそうで、否定的な意見も優しくオブラートに包んでくれます。

一方でフランスの方々はとにかく単刀直入です。
フランス人の職員の方曰く、フランスでは自分が意見を述べて相手がどう思うかは相手次第で、それ以上に論理が大切だと考えるそうです。

意見の述べ方は人それぞれでもあるので一概には言えないのですが、お互いの文化の違いを把握しながら建設的な会話を進めるのは本当に難しいなぁと思います。

 

③食
フィリピンでは基本が米です。そしてとにかく肉魚がメインであまり野菜はありません。
日本でも基本が米だった私は、野菜がほしい…と思いつつも美味しくいただいています。ある意味毎日豚角煮丼や牛丼を食べているような感じです。


米をほとんど食べないフランスの方々はこちらの食事はかなりキツイようです。これからクリスマスですが、「チーズとワインがないクリスマスどうしよう…」というつぶやきを聞きました(笑)

 

以上まとめてみました。
違いが目立つ2つの文化の間で、毎日とにかく驚きたっぷりです(笑)

 

では!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

アジア

ミルクティーと悲しいラブソング

  こんにちは。先週に引き続き、ダナン滞在中のナホです! こ 続きを読む …

アジア

ハスとアオザイとベトナム

こんにちは!ベトナムダナンでインターンをしているナホです!ダナンはすで 続きを読む …

アジア

ミャンマー×服(後編)

ミャンマーに留学中のゆきこです。 生地の話を書くと、記事と書きたい時は 続きを読む …