ベトナムダナンにて留学×インターンシップをしているナホです。

日本は冬の訪れが感じられる頃でしょう。
ダナンは10月に到着して以来、雨季の天気が続いております。
少し肌寒いですが、やはり半袖が手放せません。

さて本日は、APEC:Asia Economic Leaders Weekについて
またそれと関連する私のブルネイ旅行について書かせてもらいます!

APEC:Asia Economic Leaders Weekでは東アジア,オセアニア・ASEAN諸国、北,南アメリカ諸国21か国のリーダー、経済分野に長けた人たちが集い、主に諸国間の貿易の発展に向けた討論をします。今年は11月6−11日にダナンで開催されました!

ダナンは経済発展が著しく、今ではホーチミン,ダナンに続くベトナム第3の都市です。
ダナンの人口は134万人(2016年)日本の奈良や長崎と同じ人口規模の街です。
とはいえ、実際に住んで思ったのは「ダナン小さい!」ということです。
お昼ご飯を市内に食べに行けば、寮の住人と大体遭遇します。
Grabの運転手さんと、居酒屋で再会したこともあります。

さて、この小さな都市で世界のリーダー(トランプ大統領も来ましたよ!)が集う
大きなイベントが開かれたことは想像以上にすごいことでした。
メイン道路や橋が封鎖され、私は3時間家に帰れませんでした〜

ダナンに来た最初の1週間は謎の停電が続いていましたが、それもAPEC関連の電気検査のため。
APECのための建物建設ラッシュは街のいたるところで感じられました。

さて、私もこのAPECに関して忘れられない経験をすることができました。

東南アジアのリッチオイルカントリー、ブルネイのスルタン(王様)を
目と鼻の先で拝むことができました!!!!

インターン先の事務所が共同ビジネスをしているUBD Global Center(私の事務所の上です)
はブルネイ政府がお金を出して運営している政府公認組織です。
その事務所視察に、ブルネイのスルタンが来たのです!

この30分の歓迎式典のためだけに事務所所属の建物は劇的リフォームが繰り広げられました。
スルタンが通るための廊下が整えられたと思えば、建物中にレッドカーペットが敷かれました。
スルタンの訪問が、どれだけ凄いことか当日まで実感できなかったのですが
黒いスーツを着た大勢の人、カメラマンに取り囲まれながら登場したスルタンを見たとき、
ようやく感じられました。普段は冗談を言い合ってるブルネイのインターン生たちが伝統衣装に身を包み、そしてムスリム様式の礼儀で式典中に振舞っている姿に鳥肌さえ経ちました。

ブルネイの現在のスルタンは1967年から50年、ずっと国を治めている方だそうです。

実はベトナムに来てからブルネイ人と毎日関わっています。
昨年大学に留学していたブルネイ人の友達ともずっと連絡をとっていました。
スルタンにも会えたし、もっとブルネイのことを知りたい!と思い
格安チケット(結果ホーチミンの外で野宿することにもなりました。笑)を乗り継ぎ
ブルネイを自分の目で見てきました!昨日の朝6時、ダナンに戻ってきたばかりです!

ブルネイについて簡単に紹介します
人口:42万人(2016年) ※これは、鳥取,島根と同じ規模です。
主要産業:石油、天然ガス

ブルネイへの日本への輸出項目は、9割石油・天然ガスらしいです。
日本はブルネイの独立後間もない1984年4月に外交関係を樹立してから、
両国の要人往来も盛んにされてきたようです。

厳格なムスリムな国で、様々な規制があるようですが
私は滞在中、ブルネイ人の温かいおもてなしに心から幸せになれました。

ブログ文字数が限られていますので、今回は私の旅行写真をご覧ください。
スルタンが私費で作ったモスクと、市内で一番古いモスクです。

 

 

またブルネイにはウォータービレッジもあり、近代と伝統の暮らしを保っている様子もうかがえました。

 

皆さんも東南アジアの国々について是非リサーチしてみてください♫
それでは次回の記事までさようなら〜


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

アジア

オーダーメイドの服×ミャンマー

こんにちは。 ミャンマー留学中のゆきこです。   最近、ミャ 続きを読む …

アジア

バッチャン焼きでコーヒーはいかが。

こんにちは! ベトナムダナンで教育系のインターンをしているナホです。 続きを読む …

アジア

ダナンはビーチが綺麗なだけじゃない!

始まりました、ダナン国際花火大会2018 こんにちは! ベトナムの中部 続きを読む …