こんにちは!

現在、ボスニア・ヘルツェゴビナへ留学中のさとみです!

 

・・・きっと、多くの方が

「ボスニア・ヘルツェゴビナってどこだっけ・・・?」

と思ったのでは?

 

なぜなら、これまで留学について周囲の友達等に話してきて、

 

二人に一人がこの反応だったからです!(笑)

 

そんな方には大抵、「イタリアの右の海の向こう側」と説明すると

「ああ~」となることがわかってきました。

 

バルカン半島も、アドリア海もピンと来ない方が多いみたいなので(笑)

 

正確には、ここです。

 

 

ちなみに、私はこちらで「サッカー×民族融和」をテーマに、大学に通いながらサッカーアカデミーのお手伝いをしております。

 

それでは、いよいよ本題に。

 

今日は、私がこれまでに発見した「面白いもの」を“2つだけ”紹介します!

 

他にも色々ありますが、その他は次回紹介したいと思います。

 

それでは、1つ目を見てみましょう。

 

私の住むモスタルで見れる光景です。

 

 

これは川をまたぐ高い橋の上なのですが、この青いTシャツの立っている人、

 

何をしていると思いますか?

 

そう、高さ30メートルくらいのところから川に飛び込もうというのです。

 

「高い!!!すごすぎ!!!」

 

・・・まあ、凄いですけど別にそこまで面白くなはないですよね。

 

面白いのはそこではなくて、

 

この人、結局飛び込まないんです(笑)

 

週末はこういう人が常にここに立ってます。

 

 

で、彼らは何をするかというと「これから飛び込むから見物料をくれ」と言って、お金を集めるのです。

 

大抵の観光客は払わないので、ずーっと飛び込むフリしてここに立ったり、ふらふらしてます。

 

たまーに、お金が集まって本当に飛び込みます。

 

でも、本当にレアです。

 

もし観光で来たときはちゃんとお金払って、華麗な飛び込みを見てくださいね(笑)

 

モスタルにある世界遺産「スタリ・モスト」

 

そして、2つ目。

 

突然ですが、皆さんは「公園チェス」と聞くとどんな光景を思い浮かべますか?

 

 

大抵の人が、こんな感じを思い浮かべるのでは?

 

が、ここサラエボには一味違う「公園チェス」がありました。

 

なんと、公園の地面がチェス盤柄になっており、プラスチックでできた大きな駒を動かしてプレイします!!

 

しかも、大抵は若者ではなくおじさん・おじいちゃんたち。

 

とっても微笑ましくて、ずーっと眺めてました(笑)

 

夕方の決まった時間になると人が集まって来て、次から次へと勝負をします。

 

順番は暗黙で決まっているよう。

 

さらに面白いのが、誰かがプレイしている間、周りのオーディエンスは大声で文句やら提案を言うことです。

 

これが公園チェスの醍醐味でしょう!

 

私は、このコミュニティにとても魅力を感じ、ぜひ日本で公演将棋や公園囲碁ができたらいいなあと感じました。

 

共感してくださる方、一緒に作りましょう!(笑)

それでは、今日はこの辺で。

また面白いネタを集めておきます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ヨーロッパ

ドイツ研究留学を終えて〜留学直後の就職活動〜

トビタテ7期(理系、複合・融合系人材コース)のゆうやです。 ブログリレ 続きを読む …

ヨーロッパ

リュブリャナ×多文化共生教育 〜WICプロジェクト〜

Dober dan! スロベニアのリュブリャナにトビタテ留学中のまなで 続きを読む …

ヨーロッパ

留学準備と留学中のオトクな生活のコツ

こんにちは! ロンドンでジェンダー・LGBTをテーマに留学しているかさ 続きを読む …