こんにちは!

トビタテ7期生としてイギリスに留学しているえみです。
今回は
①留学しようと思った理由
②留学生活について
③今後の留学生活について
以上の3点に触れていきたいと思います!

①留学しようと思った理由

私はフェアトレードと現代奴隷制に興味があります。なぜイギリスを選んだかというとイギリスはフェアトレードが盛んな国の一つでもあり、2015年に世界で初めて現代奴隷法が制定された国でもあるからです。イギリスでの生活を通してどのようにしてフェアトレードが広がっていったのか、現代奴隷法が制定された後市民の間で現代奴隷制に対する考えに変化はあったのかなどを調査してみたいと考え留学を希望しました。

留学してみて初めに感じたことが日常生活の中にフェアトレード商品が自然に紛れているということでした。いくつかある大学の建物の中にカフェがあるのですが、そこでフェアトレード商品が売られているほか、 スーパーなどで安く売っているバナナなどにもフェアトレードマークがついていました!

②留学生活について

こちらの大学ではビジネスコースで勉強しているのですが、留学生が受けるコースというだけあって多国籍なコースになっています。授業の中で発言する機会やプレゼンテーションを行う機会がたくさんあり、その度にヨーロッパの学生の英語力や発言力、積極性に圧倒されています…。留学生活が終わるころには彼らに負けないくらい積極的な発言ができるよう、友人との会話等を通して語学力を磨いていきたいです!

先週はreading week/reflection weekという一週間の休みがあり、友人の一人が彼女の出身地であるリバプールに連れて行ってくれました。私が住んでいるプレストンはイギリスの中でも田舎で観光できる場所もあまりないのですが、リバプールには大きなショッピングセンターや歴史ある大聖堂など観光地がたくさんありました。羨ましい!

あの有名なビートルズ発祥の地ということもあり、ビートルズ博物館もありました!
(入館料が少し高いらしく今回は中には入りませんでしたが…)

③今後の留学生活について

留学が始まってからすでに2カ月が経とうとしていてとても焦っているというのが本音です。残りの留学生活では同じ大学に通っている日本人留学生とフェアトレードについてのインタビュー動画を日本人に向けて作ろうと計画しています。その他にも現代奴隷制研究の先駆者といえる教授にお話を伺いに行きたいと思っています。

授業についていくために予習復習をしたり課題に追われたりしている毎日ですが、イギリスにいるからできること、ヨーロッパにいるからできることを悔いのないようにやりつくして日本に帰りたいと思います!

(来月はChristmas Holidayを利用してヨーロッパの国を観光したいです♪)

あまりまとまりのない文章になってしまいましたが、最後まで読んでくださってありがとうございました!

次回はボスニア・ヘルツェゴビナに留学しているさとみさんです、お楽しみに!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ヨーロッパ

帰国

どーも! 帰国後, 3週間の間で+3kg, 日本食にやられて帰国太りし 続きを読む …

ヨーロッパ

パリ19区探訪

Bonjour! パリで建築、都市の勉強をしているくぼたくです。 &n 続きを読む …