皆様初めまして!
トビタテ7期理系*複合コースでドイツのシュトゥットガルトに来ていますだいきです!
こちらに来て早二ヶ月が経ち, だいぶ落ち着いた生活を送っています.

トビタテブログリレー引き継いでいこうと思います!

今回は,
*ドイツに来た理由
*ドイツでやっていること
*ドイツの魅力
以上三点についてまとめてみます.

現在ドイツの南西部に位置するシュトゥットガルトという都市に来ています. シュトゥットガルトは, 自動車工業を中心とする工業都市で, Mercedes-BenzやPorscheといった日本でも有名な企業が拠点を置く都市として有名です. ミュンヘンからは電車で二時間強, フランクフルトからは二時間弱くらいのところにあります.
シュトゥットガルトでは, シュトゥットガルト大学 (Universität Stuttgart) の大学院生として, 講義の受講及び研究活動に従事しており, 修士号取得するためにもがいています(笑)

私は大学院にて, 自動車工学を専攻しており, 主にエンジンの爆発の研究をしているというのがドイツを選んだ大きな理由の一つです.

*なぜドイツでシュトゥットガルトなのか…
先ほども述べましたように
1. Mercedes-BenzやPorcheといった企業を持つこの地+自動車エンジンの発祥の地ドイツで座学では学びきれない経験を研究活動を通し取得する
2. 日本のエネルギーを考えた自動車エンジンとドイツの自動車エンジンの違いをこの目で確かめ, その経験を活かし, 日本の自動車産業で研究開発で活躍する
3. 英語はもちろんドイツ語を学び, さらに自分の活躍の場を広げる
4. 多くの留学生が学ぶこの大学で国際人として必要な能力 (多文化を柔軟に受け入れられる能力や理解できる思想) を取得する.
5. ビール飲みたいブンデスリー観に行きたい

大雑把にこんな感じですかね.
今のところ, 5は達成し, 3, 4は手応えありって感じです. 1,2はこれからですね.

また, シュトゥットガルト大学では以下のことをメインに活動しています.

1. 自動車工学に関わる知識の増強 (流体力学や熱力学, 燃焼工学そして化学などの講義15ECTS分を受講)
2. 研究室における研究活動 (コンピュータにおける自動車エンジン内部の熱流体解析)
3. ドイツ語A2レベルの講義を毎週受講

最終的には, 修士論文 (Ich will nicht schreiben) という形で研究結果をフィードバックしていきます.

結構, 多くの人から「ドイツって英語通じるの?」と聞かれます.
結論からいうと, 70%くらいは通じます. 特に若い世代には英語教育が熱心になったそうで通じる場合が多いです. しかし, ここはドイツなので, 基本的にはドイツ語で話しかけられますし, 嫌な顔をされる時もあるのも事実です.
ドイツ語できたことに越したことはありませんが, 結構喋れない観光客とか学生もいるので, 「ドイツ語ができないからだめだ」と考える必要はないと思います. しかし最低限英語は必要ですね!

さてさて, ここからはシュトゥットガルトについて少し紹介します.
シュトゥットガルトで有名なものの1つとして挙げられるのがビールです!!
お気に入りは…
Stuttgarter bofbräu, KrombacherそしてWulle!ビール好きの自分にはたまらない…(笑)
Beckもドイツ国内ではかなり有名ですが, 自分はそんなに好みではない..


多くのビールが€1以下で飲めます.  特にカンのビールはだいたいリサイクルができるので, かなり安く飲めます. ビール好きはアル中にならないように注意が必要(笑)

そして, 次はフットボーラーには必見のブンデスリーガとMercedes-Benz Arena!

先週 VfB Stuttgart – SC Freiburgの試合を観戦しに行きました.

VfB Stuttgartには過去, 酒井高徳選手や岡崎選手などの日本人選手もチームに加わっていました. 現在は日本代表の浅野選手が在籍し, 運良く浅野選手のプレーを見ることができました.
念願のブンデスリーガだったため, 興奮を抑えきれず, 終始一人でぶつぶつ言ってましたね笑

そして, 最後にMercedes-Benz museumとPorsche museum!

 

シュトゥットガルトは, 都市でありながらも, 治安も良くそして国民性も良く大変暮らしやすい都市という印象です. 旅行等でドイツを訪れる際にはぜひシュトゥットガルトに来て頂ければなと思います!

以上となります.
まとまりのない文章で大変申し訳ございませんが, 長文をお読み頂きましてありがとうございました.

シュトゥットガルト中央駅付近にある宮殿公園 (Shloss Plaz) でさようなら!


2件のコメント

辰己竜太朗 · 2017年12月26日 12:18 AM

こんにちは。私は鳥取大学工学部機械物理系学科3回生の辰己竜太朗と申します。
私は2回生の時にこのとびたて留学japanのプログラムを知りました。今3回生で、これからディーゼルエンジンについての研究を1年間行なっていく予定です。
そこで、来年のトビタテの募集でディーゼルエンジンの技術が日本より優れているドイツで是非学びたいと考えており、こちらのサイトを拝見させていただきコメントさせていただきました。
留学や応募のための相談や体験談を是非お伺いしたいと思っておりますので、空いた時間にでもこのアドレスにご連絡をお願いできないでしょうか?よろしくお願いします。

    全体管理者 · 2017年12月26日 12:46 AM

    辰巳さん
    コメントありがとうございます。全体管理者の山口と申します。
    こちらの記事の管理は、執筆者がしているわけではないので私が代わりにコメントさせていただきました。

    コメントの内容を執筆者へ共有させていただき、もし執筆者より前向きなお返事があれば、辰巳さんの方に直接連絡を差し上げるよう伝えて起きますね。

    もう少々お待ちください。

    これからもブログリレーの応援よろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ヨーロッパ

ドイツ研究留学を終えて〜留学直後の就職活動〜

トビタテ7期(理系、複合・融合系人材コース)のゆうやです。 ブログリレ 続きを読む …

ヨーロッパ

リュブリャナ×多文化共生教育 〜WICプロジェクト〜

Dober dan! スロベニアのリュブリャナにトビタテ留学中のまなで 続きを読む …

ヨーロッパ

留学準備と留学中のオトクな生活のコツ

こんにちは! ロンドンでジェンダー・LGBTをテーマに留学しているかさ 続きを読む …